ブログ

タゼンのいいな

  • 2022/05/19

塩は、毎日の暮らしと健康に必要不可欠なものです。 今回は生産に時間をかけ、手塩にかけてつくられる、塩のご紹介です。
約 50 年前、政府統制による塩の専売法で、日本中から塩田が消え、化学精製塩(ミネラル欠乏塩)のみ が食塩とされる時期が⻑く続きました。 当時、化学精製塩による日本人全体の健康を危惧した数名の方々が伊豆大島に渡り、古来の塩の製法に 学びながら、手探りで塩づくりを始めました。 今でこそ、日本全国で地域性のある塩づくりが盛んですが、その先駆的役割を担った方々です。 そこでの真の決心と貢献が生きていることに、改めて深い敬意を表させていただきます。 現在も、後継者の方と共に探求を欠かさず、本来の品質を守りながら海域のミネラル分の質などを尊重 した塩づくりが行われております。 伊豆大島の地下二百数十メートルの深層海水を原料とし、手づくりの海水濃縮装置ドームで、太陽光や 風力を活かしながら濃縮してゆきます。 時間をかけて、ゆっくり熱を加えることで、海の華と評されるような粒の大きな結晶が出来上がります。 深い甘みとまろやかな味わいが特徴です。
15 年ほど前、NPO 活動での出会いを機に、このお塩を用いた味噌仕込みを行い、今では大切なライフワ ークの一つになっています。素材の良さを最大限に引き出し、深くコクのある仕上がりは、〝社⻑一家の 手づくり味噌〟として、タゼンのご贈答用としても大変お喜びいただいております。 皆さまにもぜひご紹介させていただきたく、この度タゼンの各店舗に、「Full Moon Ocean・シホ」(フル ムーン オーシャン:満月の日の取水からつくった塩)を置かせていただくことになりました。 どうぞよろしくお願いいたします。

お問い合わせはお気軽にどうぞ

ページの先頭へ

株式会社タゼン

仙臺銅壺