あかがね事例

銅製ポットの磨き直し

銅製品のオーダーメイド

担当:引地

お客様のご要望

コーヒーなどを淹れるときに使用していたポット。直接火に掛けてはいませんでしたが、表面にムラが出できていしまいました。汚れをなくし綺麗な状態に戻してほしい。

タゼンからのご提案

今回のムラが出てしまう原因の一つに酸化防止のためのラッカーがあります。直接火に掛けてはいないとのことですが、購入時に塗布されているラッカーが油跳ねなどにより少しづつ剥がれてしまった為、表面の酸化の具合にムラができてしまったと考えられます。初めにラッカーを落とし、そのあとで磨いていきツヤを取り戻していきます。

施工プラン

まず、表面に残っているラッカーを落としていきます。今回は除光液(ラッカーうすめ液)をコットンや布に軽くつけ、全体を磨いていきます。軽くつけ磨くを繰り返し行い、表面に少し反射が生まれてくるまで磨きます。次にスチールウール(柔軟な鉄製のたわし)を使い細かい傷などを取り除きながら、表面全体の調子を合わせていきます。最後は研磨剤を用いて光沢を出し、完成となります。メンテナンス料(ラッカー落とし+表面磨き) 約6千円〜

お客様の声

正直、購入当時の見た目をあまり覚えていなかったのですが、購入した時よりもピカピカになっているような気がします。

メモ

これまではラッカーを落とさずに使われていたとお聞きしています。今回はラッカーを取り除いています。経年変化により、移り行く色の変化も楽しんでいただけるのではないかと思っております。また、お客様とコミュニケーションとることでメンテナンスの方法や様々な銅製品の使い方を提案することができていました。

お問い合わせはお気軽にどうぞ

ページの先頭へ

株式会社タゼン