インタビュー

担当の人柄に惚れ、リフォームから解体工事まで依頼

(お客さま)仙台市青葉区 若生さまご夫婦
(タゼン営業担当)村井

若生篤郎さま: タゼンさんに初めて電話したのは、2009年の12月です。

1988年に購入した建売住宅が、そろそろリフォームの時期に入っていたので、どこかの業者さんにお願いしたいと思っていたのです。いろいろな会社のチラシを拝見していたのですが、イマイチ決め手がない。そんな時に耳に入ったのが、タゼンさんのラジオCMでした。「創業400年の信頼と実績」というフレーズを聞いて、これだ!と思いました。

すぐに電話したところ来てくれたのが、今も担当していただいている村井さんです。村井さんの豊富な商品知識に加え、こちらのニーズを引き出すようなヒアリングに惚れ、お任せしたいと思いました。それ以降継続してお願いしています。

村井:ありがとうございます。

若生篤郎さま:はじめはガスコンロだけ変えようと思っていたのですが、お話を聞くうちにシステムキッチンが気になってきて、結果的に2010年に工事を実施することになりました。

若生優子さま:これ以上歳をとったら、きっと新しいキッチンに慣れられないと思ったんです。最初は戸惑いましたが、新しいキッチンは慣れればとても使いやすいです。時間を設定すれば自動で火が消えるし、音声でガイダンスしてくれるし、換気扇も連動してつくし。これからも長く安心して使えると思います。

若生篤郎さま:村井さんは、何かと顔を出してくれるので、なんでもすぐ相談できます。こっちが「こんなこと困ってて」と何気なく話すと、すぐにいろいろな解決策を紹介してくれるので、助かっています。

村井:若生さまはお話が面白いので、近くに行くとついついお邪魔したくなるんです。お話を伺うだけで、勉強になることが多いです。

若生篤郎さま:何気なく「この部屋寒いんだよ」と話したら、すぐにいいガスプランをご紹介いただいた時は、驚きました。

村井:「トリオでガス」というプランをご紹介しました。厨房、暖房、給湯機器を1種類ずつ使用していると、割引になるプランです。

若生篤郎さま:そうそう。それでガスファンヒーターをはじめて使い始めたのですが、ほんとうに瞬時に部屋が温まるようになって。ガス代も安く済ませるし、とても満足しています。

村井:空き家だったご実家の解体工事もお手伝いしました。

若生篤郎さま:それもとても有難かったですね。築40年の実家の解体についてご相談しました。どんな業者にお願いすればいいのか分からず、村井さんに相談しました。そうしたら、やはりすぐに業者を選んできてくれて。営業範囲と業種の広さに、あらためて感服しました。

ご紹介いただいた業者の方にも、血の通った仕事をしていただきました。実家の庭の踏み石を今の家に移す提案をしてくれたりね。仏壇を動かすのに和室の改修もお願いしたのですが、細かいところまで丁寧に作業していただいて、いいチームだなと感心しました。

村井:解体のお仕事を請け負うことは少ないのですが、対応できる協力業者がいることは知っていたので、お引き受けできるかな、と思いました。業者さんとは普段から連絡を取り合っている方なので、スムーズにご対応することができたのではないかなと思っています。

若生篤郎さま:解体工事までやってくれるのだから、とその後もさまざまなことをご相談しています。キッチンや風呂など、おおむねリフォームを済ませていますが、展示会やフェアに足を運ぶとついつい新しい商品がほしくなります。掘り出しものを見つけたり、村井さんのお話を聞いたりするのは楽しいので、また何かあったらぜひお声がけください。

お問い合わせはお気軽にどうぞ

ページの先頭へ

株式会社タゼン

仙臺銅壺